株式会社ベストホームクリエイト
お問い合わせ ENGLISH
HOME 会社概要 事業内容 物件検索 アクセス
任意売却コンサルティング
え!?弁護士費用0円!?任意(債務)整理&任意売却のエキスパートだからできるユニヴァーサルグループの債務者再生システム
 
他社との3つの違い 任意売却とは 任意売却と競売
サービスの流れ よくあるご質問 無料相談について
 

HOME > 任意売却Q&A

任意売却Q&A

任意売却って何?

任意売却とは不動産についている抵当権(住宅ローン・不動産担保ローン・事業者ローン)の支払いが滞納し、債権者(ローン会社)が競売で処分する前に、債権者の同意を得て売却することです。但し、任意売却のほとんどは売却後、債務が残りますが、債権者との話し合いにより月々5,000円から30,000円程度の無理のない返済に応じてくれる場合が多いです。

任意売却を行う判断はどこですか?

任意売却の対象は次の状況の方です。
・住宅ローンが3ヶ月以上滞納していて、債権者から債務の一括請求されている方。
・「競売開始決定通知」が来ている方。

任意売却のメリットは?

・所有者 / 債権者 / 買主が話し合いにより、納得して売却できる。
・債権者により多くの返済ができる。
・一般の売却と同じ販売方法のため近隣に秘密にできる。
・売却後、残債務が残った場合、柔軟な返済処理ができる
・通常不動産を売却する際支払わなければならない費用が債権者より支払われる。
  − 不動産会社への仲介手数料
  − 抵当権抹消費用
  − 滞納分の管理費・修繕積立金(マンションの場合)
  − 滞納分の固定資産税・住民税
・話し合いにより、引越し費用等を手当てしてもらえることがある。

任意売却をすれば住宅ローンは払わなくていいの?

いいえ、任意売却をしても売却額で完済できなければ住宅ローンは残りますし、もちろん返済する必要があります。ただし競売で落札される場合よりも、任意売却なら高額で売却できる可能性が高く結果として住宅ローンの残債務が減少するケースが多々あります。また、返済計画も立て直し、現在の収入支出を考慮して無理の無い返済計画になるのが通例となってます。

任意売却したとき、不動産仲介手数料を払わなくていいの?

任意売却が成立した時の、不動産仲介手数料は債権者から支払われますのでお客様のご負担は一切ありません。 完全成功報酬です。

任意売却にはデメリットは無いの?

あります。任意売却後は数年間の間は住宅ローンを始め、各金融機関からの借入が出来なくなります。(通常では5年〜10年間は利用できません)ただ、競売となった場合でも借入は出来なくなるので、任意売却・競売の共通のデメリットであるとも言えます。任意売却と競売のメリット・デメリットが違うのは、債権者と債務者の双方が協力して解決するかどうかという点が非常に大きい違いになるからです。

競売も任意売却も家を手放すなら、どちらでも変わらない?

大きく違います。
競売ではあなたの意思に関係なく落札者の意思により立ち退かなくてはなりません。立退き料(引越代)も貰えない可能性があります。
債権者との関係もこじれていれば、競売後も債権者からの風当たりが強いと思われます。
任意売却では売却価格の上昇にともなう住宅ローンの残債の減少、転居先が決まってからの明渡し、また引越し代が手当てされる可能性が高いなどのメリットがあります。
(当社の取り扱った事例では全てのケースで引越し代が手当てされています)
また、話し合いにより債権者も売却後の残債務の返済に柔軟に対応してくれます。

 

債務者再生システム ホットライン
電話:03-5939-4558 (平日:10:00〜18:00) FAX :03-5939-4548 (24時間受付)

 
 
Privacy Polisy
Copyright (C) 2009 Best Home Create Co.,Ltd. All Rights Reserved.